どう選ぶ?スノーボードの選び方!

自分の身長に合わせた長さのボードを選択する

これからスノーボードを始めようと考えている人が最初に行なわなくてはいけないのがボード選びです。
スノーボードに詳しくない人の中にはボードはどれを選んでも同じと考えている人も少なくありません。しかし、ボードによってそれぞれ長さが異なるので、自分に合った長さを選ぶことが重要になります。一般的にボードの長さは自分の身長から15~20cm程度が目安です。
身長が180cm以上であれば20cm、170cm前後で15cmといった形で身長に合わせて短さを変えることで失敗をせずに済みます。
滑るスタイルによって長さを変えることも重要で、スピードを重視したい人は基準より長めに、回転などの技を重視したい人は短めにするのがポイントです。

板の形状や固さによる違いと選び方

一口にスノーボードと言っても形状も違えば固さもそれぞれ異なるため、初心者の中にはどれを選べばいいのか頭を悩ませてしまうケースも少なくありません。
ボードの形状は大きく分けて2種類あって、その一つがディレクショナルです。この板はノーズ(先端部分)が長くテールと(後部)が短くなっているのが特徴になります。スピードが出やすい形状のため高速滑走を楽しみたい人に最適です。
もう一つがツインチップで、こちらはテールもノーズも同じ長さになっています。形が均一になっていることから車で言う軽自動車のようなコンパクトな動きが可能で、さまざまな技にチャレンジしたい人におすすめと言えます。
板の固さは柔らかい方が少ない力で滑走ができて初心者向きです。それに対して固い板は板の踏み込みをしっかりと行なう必要があるので熟練者や腕力のある男性向けになります。